<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

生しらす

f0051814_18325087.jpg


「しらす」は、主にイワシ類の稚仔魚 (子供) の総称です。

最漁期は春と秋です。

特に秋のしらすは、 「秋しらす」 と呼ばれ身が締まっていてみずみずしく美味しく味わって頂けます。

夏を過ぎ、急に水温が下がり、越冬のために脂分が多くなり美味しくなってきます。

若干大きくて姿形のきれいなのも特徴です。

猟師さん絶賛の「秋しらす」。

しばらくの間前菜の一品としてご提供させていただきます。







博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-30 18:32 | 水炊き屋の料理 | Trackback

金霧島入荷しました!

f0051814_22501954.jpg


「冬は虫、夏は草」という不思議な生態から名づけられた冬虫夏草は、

世界でも大変珍しいキノコの一種で、古来より健康に役立つものとして珍重されてきました。

霧島酒造は、冬虫夏草が秘める力に注目し、世界中を調査した結果、

冬虫夏草の世界的権威である韓国有数の国立大学である江原大学の成教授と出会いました。

成教授は、20年以上にわたる冬虫夏草研究により、

かつては不可能とされてきた冬虫夏草の人工培養に成功。

現在では、最新の技術を用い、

虫を主体としない主に玄米による冬虫夏草の人工培養・量産が可能になっています。

このたび、霧島酒造と江原大学の共同開発により、成教授が最も注目している冬虫夏草と、

本格焼酎「黒霧島」との融合が実現しました。



霧島山脈に降った雨が大地に吸収され、火山灰土をくぐりぬけ、

地下150mから自噴する清冽な地下水「霧島裂罅水」。

適度にミネラルと炭酸ガスを含み、焼酎づくりに大敵である鉄分をほとんど含まず、

酵母菌の生育に最適な条件を備えた、霧島の本格焼酎づくりに欠かせない水です。

また、南九州にある火山帯の噴火によって生まれたシラス台地の中心にある都城は、

良質のサツマイモ〔黄金千貫〕の栽培に適しています。

母なる大地と太陽の恵みを受けて育まれた本格焼酎「黒霧島」。

冬虫夏草酒「金霧島」は、この黒霧島と、冬虫夏草という自然の宝との、幸せな出会いから誕生しました。



金霧島のラベルには、幸せを願う「吉禄優舞」の印と、優美に空を舞う天女が描かれています。

金霧島を飲むことで、心も体も麗しく天を舞うような気持ちになって欲しいという願いを込められています。

美味しく飲みながら、毎日がすこやかになりますように。

華麗な黄金色に輝く金霧島で、心と体の幸せを存分にご堪能ください。



一本限りの入荷ですのでブログをご覧の皆様のみの販売とさせていただきます。

ご興味のあるお客様はスタッフまでお声掛けください。






博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-29 22:50 | 水炊き屋のお酒 | Trackback

築地へ

f0051814_21525312.jpg

f0051814_21525476.jpg

f0051814_21525421.jpg


かなり久しぶりの築地訪問。

月一程度では足を運ばないと。反省。

あんきも、白子なども出始めている。

秋しらすもいいなー。

近々前菜として登場するかもしれませんのでお楽しみに。(笑)

f0051814_21525484.jpg


今日は塩親子丼を食べて帰りましたとさ。






博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-28 21:52 | 店長のひとりごと | Trackback

年賀状

f0051814_21575836.jpg


もう年賀状の予約受付が始まるのですね。

おかげさまで今年はものすごい量の年賀状を用意しないと。。(笑)

早めに準備をしないといけません。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-27 21:57 | 店長のひとりごと | Trackback

いつもご利用・お問い合わせありがとうございます。

肌寒い日もでてきまして、日本酒好きのお客様には熱燗の季節がやってきました。

当店では今年の秋冬に奈良県宇陀市の注目の酒!「睡龍」をオススメしてまいります。



「久保本家酒造」では海外経験のある久保 順平専務が日本文化の良さに気付き、

15年程前に蔵に戻り跡を継ぎました。

まず着手したのは流通。

普通酒や桶売りが主体だった現状を変える事でした。

純米酒に力を注ぎたいと蔵の方向性を模索している頃、

そのタイミングで出会ったのが技術には定評のある加藤 克則杜氏。

その2人の出会いが生み出した銘柄が「睡龍」です。

特に加藤杜氏の追求する「きもと造り」のお酒は久保本家の代表的な味わいとなりました。

冷酒で飲むよりも常温から燗の温度帯で楽しんで欲しい酒です。

味わいを引き立てる滑らかな酸が幅広い料理を引き立て、飽きることなく飲み続けることができます。

f0051814_23283162.jpg


■睡龍(すいりゅう) きもとのどぶ

熱狂的な日本酒好きにファンが多いのが「きもとのどぶ」。

きもと造り純米酒を目の粗いふるいで漉して、風味を損なわないように丁寧に瓶燗しました。

乳酸系のクリーミーな香りがまず感じられ、清々しい酸がにごり酒なのに爽やかな印象を与えてくれます。

丸みを帯びた味わいが広がり、喉越し良くキレがあります。

世間一般ではにごり酒はお燗をつける事は少ないですが、

このお酒は燗酒がもっとも楽しめる飲み方です。

旨みが広がるのですが、その旨みを強い酸がさらに引き立て絶妙な味わいとなります。

このお酒の味わいを知ってにごり酒の概念が変わった人も多いのではないでしょうか。

今、各方面より注目を浴びているお酒です。

また、ひとタンクごとにブレンドせず瓶詰めしている為、

同じ年の仕込みアイテムでも辛さ・酸・アミノ酸等、酒質の違うお酒が入荷します。

その違いもこのお酒の楽しみの一つとご理解下さい。


f0051814_23283139.jpg


■睡龍(すいりゅう) きもと純米

2年程の熟成を経て、きもと仕込みらしい黄色みがかった色に艶っぽさが感じられます。

クリーミーで良い熟成をした日本酒特有のコクを感じる香りが控えめにたちます。

口当たりはソフトな含みですが、米の持つ旨みがしっかりと感じられるのはさすが。

そして程良い余韻を感じきれいにキレます。

このお酒は温度帯が高いほど、また食事と合わせる事で真価を発揮します。

常温や燗で食事と一緒に是非お試しください。

f0051814_2328316.jpg


■睡龍(すいりゅう) 純米酒

加藤杜氏曰く、「この純米酒もきもと造りと同じ製法をとっている」そうです。

杜氏の追求する「きもと造り」において

「きもと純米酒」か「純米酒」は一般的な基準では言い表せないようです。

「睡龍 純米酒」は、穏やかな香りにほんのりとコクのある香りがします。

含むと柔らかで舌触りの良い旨みと酸がバランスをとり、心地よい余韻を経てキレます。

どのような場面で飲んでもしっくりとくる定番のお酒にお勧めです。

楽しむ温度は低い(冷たい)温度よりも常温以上の温度帯がお酒の特徴を引き立てます。




いずれのお酒も当店では常温にて保存しております。

恐れ入りますがご注文は常温もしくは熱燗にてお願いいたします。

今年の秋冬いちおしのお酒「睡龍」。

当店の水炊きとともに是非お試しください。







博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-26 23:28 | 水炊き屋のお酒 | Trackback

食前酒

f0051814_2316291.jpg


先日より自家製の梅酒を食前酒としてご提供しており、

多くのお客様にお褒めの言葉を頂戴しております。

梅酒用の梅には和歌山県西牟婁郡の山口農園様より直送される「紅南高梅」を使用しております。

紅南高梅は非常に数量が少ないため、店頭などの一般にはほどんど流通致しません。

剪定方法や肥料のやり方など紅南高梅を栽培するには非常に高い技術力が必要になります。

おかげさまで今年も美味しい梅酒ができました。

まだ充分な量が仕込んでありますので、是非多くのお客様にお試しいただきたいです。

お問い合わせ・ご来店を心よりお待ちしております。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-25 23:16 | 水炊き屋のお酒 | Trackback

最後の収穫

f0051814_1702065.jpg


家庭菜園今年最後の収穫、ピーマン。

いびつな形ですが、よく実ってくれました。

今年はこれにて終了。

小さな花壇ですが年々土は成長中。

さて来年は何を育てようかな。




博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-24 17:00 | 店長のひとりごと | Trackback
f0051814_23544199.jpg


FOODEXを除けば自分的には一番面白いイベント。

今年も楽しみです。

11月はきっと忙しいだろうけど時間作らなきゃ。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-23 23:54 | 店長のひとりごと | Trackback

ご予約のすすめ

f0051814_23585165.jpg


本日はご予約で満席となり、

お席のご用意ができなかったお客様も多く大変申し訳ありませんでした。

鍋シーズン本番を迎えるにあたり、

ご来店いただけるお客様にはお電話でのご予約をお勧め致します。



03-6379-2444 (14時~23時)



ご相談・ご要望などもお気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約は1ヵ月先まで受付しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。






博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-22 23:58 | 営業に関するお知らせ | Trackback
f0051814_22181159.jpg



やっと暑さもやわらいできましたが、皆様夏の疲れは出ていませんか?

今年の夏は本当に暑くて、いつも以上に夏バテしたり、

夏の疲れがどっと出ている人は多いのではないでしょうか。

とくに季節の変わり目は要注意です。 



盛夏で疲れきった体、強烈な紫外線で弱った体には「水炊き」がオススメです。

当店の水炊きはヘルシーでいて栄養も満点、

またコラーゲン・ヒアルロン酸をたっぷりと含んでおり、

夏の紫外線でダメージを受けたお肌に潤いを与えてくれる事でしょう。

そしてこの夏、話題の新作「夏水炊き」が大変ご好評を頂きました。

いよいよ今月末をもって販売を終了とさせていただきますので、是非この機会にご利用くださいませ。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-21 22:21 | 営業に関するお知らせ | Trackback

高田馬場駅前!毎朝5時まで営業! 03-3209-1535


by まるはち