タグ:ワイン ( 14 ) タグの人気記事

新商品入荷!

f0051814_1191083.jpg


新しい国産ワインを揃えました。

「マルスワイン 甲州ヴェルディーニョ」

石和地区の甲州ぶどうを完熟手前で収穫し、フリーラン果汁を低温発酵。

淡いイエローの色調。白い花やトシラスの爽やかな香り。

しっかりとした酸があり、軽やかで軽快な印象です。

「ヴェルディーニョ」とは、ポルトガル語で“爽やかな緑”の意味です。

吹く風が爽やかに感じられる日にカジュアルに飲みたいワインです。

「イシターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション2011」(IWSC)において【銀賞】を獲得。

2年連続【銀賞】受賞の快挙を達成しております。





「シャトー・マルス カベルネ&ベリーA 穂坂」

ワイン用ぶどうの栽培に最適な山梨の茅ヶ岳山麓の穂坂地区で栽培された

「カベルネ・ソービニヨン種」と「マスカット・ベリーA種」を使用。

『力強さ』と『柔らかさ』の2つのの個性をブレンドし、

フレンチオーク樽で熟成させた、バランスのとれた、コントパフォーマンスの高いワインです。

ワイン専門家の評価も高く、

「国産ワインコンクール2007」、「国産ワインコンクール2008」

【国内改良品種、欧州系】のカテゴリーで、二年連続【銀賞】さらに【最優秀賞】を受賞しています。





いずれも只今オススメをしている「シャトーマルス・プリムール」の姉妹品です。

味わいの違いをぜひお楽しみください。

日本人が作る日本人のための日本のワインです。






博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2011-11-13 01:19 | 店長のひとりごと | Trackback
f0051814_14322319.jpg

f0051814_14322418.jpg

f0051814_14322451.jpg

f0051814_14322464.jpg

f0051814_14322440.jpg


お世話になっている酒屋さん主催のワイン会に参加させていただきました。

全6種類のワインを工場長自らそれぞれ詳しく説明していただき、

テイスティングならびに料理とのマリアージュも勉強することができた、

非常に濃密な会となりました。

そもそもワインというものは、

原料の葡萄が保存、輸送に適しておらず、収穫後すぐにその土地で仕込むため、

他のお酒と比べその土地への感謝というものが強いお酒です。

「ヌーヴォー」や「プリムール」と称した「収穫祭」が各地であることもうなずけます。

日本では中々敷居の高い「ワイン」ですが、

11月3日の山梨ヌーヴォーの日、

第3木曜日のボジョレー解禁日とイベントが続くせっかくの機会ですので、

当店では今月は「ワイン」を強くオススメしていきます。

料理によって表情を変えるお酒は「ワイン」が一番といっても過言ではありません。

当店自慢の水炊きと「ワイン」のマリアージュを是非お楽しみ下さい。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2011-11-06 14:32 | 店長のひとりごと | Trackback
f0051814_1924722.jpg


四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が洋酒製造の拠点として、

山梨県笛吹市石和町に山梨マルスワイナリーを設立したのが1960年。

以来、この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワインを目指し、

「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、

穂坂地区(韮崎市)、石和地区(笛吹市)、白根地区(南アルプス市)を中心に、

山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトー・マルス)シリーズに代表される、

自然が豊かに薫る格調高いワイン造りに尽力しています。
 
2000年には、茅ケ岳山麓の韮崎市穂坂丘陵東斜面に

自社農園である「穂坂日之城農場」を造設、

日本有数の日照時間を誇る冷涼な高地で、

自社最高峰となる高品質ワインの醸造に取り組んでいます。




「日本人のための日本のワイン」の造り手として、風土の味を活かしたワイン、

それでいて世界各地のワインに勝るとも劣らぬ高品質ワインを醸造しているマルスワイナリー。

ラベルに「日之城」と付くワインは、「日之城倶楽部会員店」(全国25店)のみの販売となります。

選び抜かれた日本のワインを是非当店でお試しください。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2011-03-09 19:02 | 店長のひとりごと | Trackback

BEAUJOLAIS NOUVEAU 2010

f0051814_23525559.jpg


フランス第2の都市、リヨンの北に広がるボジョレー地方。

その大地と太陽の恵みを受けた葡萄を夏の終わりに収穫し、

秋までにワインに仕上げる。これがボジョレーヌーヴォー。

ジョルジュデュブッフは、美味しいワインが出来た歓びと幸せを、

ご家族、お友達とみんなで分かち合っていただきたいと考えています。

ぜひ今年の出来を存分にお愉しみください。



フランス/ボジョレー地区/ボジョレー・ヴィラージュAC

葡萄品種:ガメ種750ml(スクリューキャップ)

若い世代の方に愉しんでいただきたくて“Beaujolais-Villages Nouveau”の頭文字をとって

親しみやすい呼び名“BVN”として登場します。

ボジョレー・ヴィラージュとは、ボジョレーの中でも特に良質の葡萄が穫れる北部38村のこと。

フルーティで凝縮した深みのあるワインに仕上がります。



いよいよ明日解禁です。

先行販売している山梨ヌーヴォーと共にお楽しみください。

水炊きにワインは意外と合いますよ!







博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-11-17 23:52 | 店長のひとりごと | Trackback

ワイン畑

f0051814_1518125.jpg
f0051814_18264487.jpg

f0051814_151819.jpg


時間があまりなかったのですが、3つの畑を見学させていただきました。

土地ごとの特徴を実際に目で見ながら細かく説明していただきました。

f0051814_1518190.jpg


収穫はもう終わっていたのですが、

一部残っていた葡萄を試食。

甲州ぶどう

f0051814_1518192.jpg


カベルネ・ソーヴィニョン

f0051814_1518193.jpg


シャルドネ

品種によって育て方も違えば、植え方も違います。

同じ木でも実のつく場所で味わいが違います。(シロウトの自分にも分かるレベル)

大変勉強になりました。

自然相手の仕事ってやっぱりすごい。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-10-21 15:18 | 店長のひとりごと | Trackback

山梨 マルスワイナリー

f0051814_23302449.jpg


本日は朝一で山梨へ。

目的は温泉ではなく、、、

f0051814_23342257.jpg


マルスワイナリー見学です。

f0051814_2330241.jpg

f0051814_23302426.jpg


わざわざ工場長にお時間を割いていただきまして、隅々まで見学させていただきました。

マルスワイナリーでは、焼酎作りの技術を元に甕貯蔵も行っています。

フレンチオーク樽に頼らない100%の日本ワイン。

60年以上前のワインも甕の中で眠っています。


f0051814_23302436.jpg


一通り工場内見学の後は待ちに待った試飲会!

工場長飲みすぎ!(笑)

この後は畑を見学に行きます。






博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-10-20 23:30 | 店長のひとりごと | Trackback
f0051814_2313592.jpg
f0051814_2314933.jpg


適量を瞬時にデカンタージュする画期的な器具を購入しました。

これから赤ワインのグラス売りはお客様の目の前で、

デカンタージュしたものをサーブさせていただきます。

11月のボジョレーや山梨ヌーヴォーが楽しみです。





博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2010-09-20 23:13 | 水炊き屋のお酒 | Trackback

水炊き屋のワイン

f0051814_22442693.jpg


言わずと知れた5大シャトーのひとつ“シャトー ラフィット・ロートシルト”。

そのラフィットを所有している「ロスチャイルド家」が、1988年にパートナーとして選んだのがチリのワイナリー

「ロス・ヴァスコス」です。

ロス・ヴァスコスの創業は1750年。

チリで最も古く格式あるワイナリーの1つであり、チリワインの最高峰でしたが、

ロスチャイルド家がパートナーとなってからは、その輝ける伝統に新しい流れが加わり、新星ロス・ヴァスコスとなりました。

目指したのは、チリの最高峰を世界の最高峰レベルに引き上げると言うこと。

土壌と気候の素晴らしさに加え、フィロキセラに侵されていない最高のブドウ樹を所有していると言った恵まれた条件を最大限に活かすため、

人事面でも本家ラフィットのディレクターを送り込むなど、徹底的な改革を実施したのです。

その結果、ワインの味わいにはよりエレガントさが加わり、凝縮感も増しました。

「ロス ヴァスコス カベルネ ソーヴィニヨン グランド レゼルブ」は、特に樹齢の高い樹の完熟葡萄を厳選、

シャトー ラフィットでつくったフレンチオークの小樽で12ヶ月間熟成させました。

心地よい果実味ときめ細かく豊かなタンニンが見事に凝縮されており、口当たりは優しくエレガントです。

それでいて抜群のコストパフォーマンス!

是非当店の水炊きと合わせてお召し上がりください。



博多水炊き 銀獅子総本家
[PR]
by hinaijidori | 2009-03-23 22:44 | 水炊き屋のお酒 | Trackback
f0051814_23345373.jpg


当店 博多水炊き銀獅子総本家のワインセラーから

シャトーマルゴーの2003が発見されました。

値段のラベルには原価の4分の1の価格が・・・。

その価格で買って 「オークションで売って遊びにいきましょう!」

という、スタッフがいました(笑)

もちろん適正な価格で置いてあります^^
[PR]
by hinaijidori | 2008-05-19 23:34 | 店長のひとりごと | Trackback
f0051814_17552592.jpg



フルーティーなロゼワインに国産で食用の桜の花びらを浸して造った品です。
非常に飲みやすく食前酒としても良いかと思います。


この「さくらワイン」をご予約時に

「ブログを見ました!」といっていただければ、

お一人様1杯ずつ サービス致します。

限定3本のみ!早いもの勝ちです^^
[PR]
by hinaijidori | 2008-03-10 17:55 | 店長のひとりごと | Trackback

高田馬場駅前!毎朝5時まで営業! 03-3209-1535


by まるはち