芋焼酎よりも米焼酎!(熊本球磨焼酎)

この「九代目・拾年かめ貯蔵」は、たった年一回、夏に予約分だけ出荷されるたいへん稀少な米焼酎なのです。
f0051814_20584849.jpg

 熊本宮元酒造は、製造石数が650石(1石:1.8L瓶100本)と少量手造りに徹する蔵元です。その650石の内、500石が貯蔵に回されます。そして地中に埋められた大甕(おおかめ)で10年間、時を刻んだ焼酎だけが、「九代目・拾年かめ貯蔵」として出荷されるのです。

 また、10年間のかめ貯蔵には限度があって、一年間の醸造限度が1000本です。そのため年一回だけの発売となっているのです。

 その酒の色は、透明で艶があります。(樫樽貯蔵と異なり、かめ貯蔵の場合は色はつきません) そしてふくよかでほのかに甘い香りがします。含むと、円やかでとろりとした口当たり、次にやさしい米の甘みが、じわ~とにじみ出てきます。

25度の焼酎とは思えない、芳醇で厚味のある味わいに時を感じます。最後にふところの深い余韻もお楽しみください。
まずはストレートで、この稀少な蔵元入魂の一滴をお召し上がり下さい。

当店にも1000本の内の何本か入荷しました!
ぜひこの機会にどうぞ!まろやかさがたまりませんよ。
[PR]
トラックバックURL : http://hinaidori.exblog.jp/tb/2935217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hinaijidori | 2006-07-29 20:58 | 水炊き屋のお酒 | Trackback

高田馬場駅前!毎朝5時まで営業! 03-3209-1535


by まるはち