接客コラム   

自分がグッドダイナーに勤めて覚えた大切な接客技術は「笑顔と挨拶」と「柔らかい物腰」と「家族、恋人、友人が来店した時と同じようにお客様へ接客する」ことです。
気の利いた接客とは簡単なようで中々できない奥が深いものと自分は認識しています。自分が良しとする接客は「付かず離れず」な接客です。いつもお客様を気にしながら自分の仕事をしつつ、呼ばれたらすぐ反応できる距離を保つことが大事だと思っています。特に多フロアの店舗はお客様が死角になりやすく呼ばれても気付かないスタッフが世の中にはとても多く、逆にそこを頑張ればとても気の利く感じの良いお兄さんになれると思っています。勿論感じの良い返事と笑顔、早い対応が必須だと思います。
いつも見られていることを意識して、忙しい時でも落ち着いて笑顔を忘れずお客様にもスタッフにも対応できればお店の雰囲気は良くなるのではと日々考えています。

最近特に意識していることは、お客様を覚えることとお客様と話すことです。質問されてわからないことがないように商品の知識は完璧にプラスお客様の求めているものに応えることができれば自ずと常連さまは増えていくのではないかなと思います。
あとは飽きられないように変化と提案あるのみだと思います。
まだまだやれること沢山あるので色々挑戦します。宜しくお願いします。
[PR]

by hinaijidori | 2017-06-21 14:02 | 店長のひとりごと | Trackback

トラックバックURL : http://hinaidori.exblog.jp/tb/27912504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ミーティング 開華さん >>